査定基準の「4C」とは?

ダイヤ買取業者で買取をしてもらう場合の査定基準となっている「4C」について、どれだけ知っていますか?「4C」と呼ばれている理由は、4つの査定基準になっている要素の頭文字が「C」であることからです。

4要素の1つ目は、カラット、つまりダイヤモンドの大きさのことで、1カラットは0.2グラムと設定がされています。

ダイヤモンドの原石には、大きい石が少ないので、カラット数が大きいものは、非常に希少となっています。

ダイヤ買取業者では、カラット数、及び直径が大きいものは、プラスの評価となり価値が高い為、高額買取が期待できます。

2つ目の要素は、カラーで、無色に近いものから、ライトイエローのものまであり、アルファベットのDからZまでの23ランクに分かれています。

Dカラーの無色に近いダイヤモンドのほうが、Zカラーのライトイエローよりも、より希少価値があり、ダイヤ買取業者では、高い評価となります。

3つ目の要素は、ダイヤモンドの内包物や傷の数や大きさを示すクラリティーです。

内包物がなく無傷のダイヤモンドはフローレス(FL)と呼ばれていますが、非常に少量のダイヤモンドのみが該当し、ほとんどのダイヤモンドには天然の内包物が見られます。

クラリティーにもFLをトップとし、11ランクが設けてありますが、SI1以上のランクであれば、肉眼で内包物を確認することは困難であり、輝きにも影響を与えないようです。

最後の4つ目の要素はカットで、全体的な形だけではなく、対称性もチェックされます。

ダイヤ買取業者で最も評価が高いカットは、ラウンドブリリアントカットで、ファンシーカットなどといった他のカットよりも、買取価格が高くなっています。

◆◆◆注目ページ→→→ダイヤ買取お役だちガイド◆◆◆